スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この曲つくんのに3年かかったな・・・
今回の元嫁騒動、新彼女とか色々でやっと整理つきました。


†朱い羽、白き羽、黒い羽†

置手紙に書いてあった【ごめんなさい】
何度コールしても繋がらない電話

街中で君に似た姿が視界にはいるたび、ボクの心は張り裂けそうで…
いくら考えても何故なのかがわからない…
別れの理由すら教える気にならない程、呆れさせたのかな?

君の声が
君の感触が
君の温もりが
君の存在が

ボクの存在理由だったのに…


明るい日差しの下、生きる君が魅力的で…
君がいない明るい場所は魅力がなくて…
ボクは黒い布を身に纏い闇で生きる事にした…

君がいなくなった事を無理やり受け止められそうになったとき
見慣れた番号が液晶に光る…

降りしきる雪の中、ボクは駆け出した…

目の前には息を引き取ったキミの姿
無言と静寂がただ…痛い…

そっと頬に触れると雪よりも冷たかった…
僕の瞳から流れる雫が君の頬を伝う…
キミが泣いてるように…

君の声が
君の感触が
君の温もりが
君の存在が

ボクの存在理由だったのに…

夢の中で会う君は相変わらず泣き虫で…そっと抱きしめたくなる
抱きしめることもできずない、ただの幻影だとわかっているのに・・・

どうかこの夢がずっと覚めないように・・・
どうかこの夢が早く覚めるように・・・

・・・ボクは祈るよ
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kuonnogomi.blog9.fc2.com/tb.php/19-882c0bd4
この記事へのトラックバック
08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。